Top
Top
 

育児や日常のよろずのコトを徒然なるままに・・・。出産回顧録も気まぐれに更新中です。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ:大泉洋 & NACS( 3 )
リーダー、おめでとう! 2005年 10月 10日
大泉さん所属の「OFFICE CUE」の公式サイトに、「も日記」というコーナーがあります。

劇団「TEAM NACS」のリーダー、森崎さんの日記的なコーナーなのですが。

そこに先ほど、「結婚しました」という報告!!


ちょっと予感はあったんです。

「COMPOSER」の全国公演が大成功に終わり、突然全国区でメンバーの名が知れ渡るようになって。
芸能界の方がこういうふうに、軌道にのってきたときって、「実は以前から付き合ってきた彼女がいるのですが、このたび・・・」なんてことが多いんですよね。

メンバーの誰かしらから、こういう報告があるんじゃないかな。。。なんて考えていたらビンゴでした。

われらが大泉大先生じゃなくてちょっとだけホッとしたりして^^;
(おいおい、自分が結婚できるわけじゃないのに)


森崎リーダー、おめでとうございます!
家庭を持って、これからもますます、仕事にがんばってくださいね!
次回作、楽しみにしてますよ~。(って、観に行かれるわけではないのだが)
[PR]
by akisa1106 | 2005-10-10 23:15 | 大泉洋 & NACS
北海道より愛を込めて? 2005年 09月 25日
以前にも「大泉洋」大先生のことは書きましたが・・・。
まだまだ、北海道以外の方には、説明が必要な人物であることとは思います。
あの大ヒット番組「水曜どうでしょう」も、かなり全国で放送されているようですが、地域によって時間帯も放送している内容(いつのVTRを放送しているか)が違うので、紹介も難しいです・・・。

なので、彼を知らない方にはちょっとつまらないかもしれませんが・・・。

北海道ではたくさんのレギュラー番組を抱えている大先生ですが、北海道外ではなかなかお姿を見ることができません。
しかし、「救命病棟24時」以来、着実にバラエティーへの出演を増やし、道外ファンにはうれしい限り。
「メレンゲの気持ち」「とんねるずのみなさんのおかげでした」に続き、10月4日には「ぴったんこかんかん!」にご出演です。
そして!なんと年末には、フジテレビCX系列では、深夜番組とは言え、大泉洋主演ドラマが放送されることになり、現在そのロケの最中だそうです。

そんな中、この週末は久しぶりに北海道へ帰られた大先生。

日曜日の夜20:00からはHBC北海道放送のラジオ番組「大泉洋のサンサンサンデー」という番組があります。

この番組、北海道のラジオですから当然、横浜の私には聞けない。でも内容が知りたい。
そこで私がいつも愛読させていただいているのがmokenekoさんのブログ「なんとも幸せ~大泉洋のツボ~
毎週、レポートを書いてくれます。

でも、待てよ・・・?mokenekoさんも横浜じゃん。電波の悪い中、一生懸命聞いてるって・・・。
しかし、日曜日の夜8時と言ったら、ムスメとダンナとごはんを食べていることがほとんど。(日曜日は少しごはんが遅いことが多い)
私には絶対に無理だなぁ・・・と思っていたのですが。

今日はムスメ、公園でいっぱいダンナと泥遊びをしたので、19:30頃ごはんを食べながら寝ちゃったんです。

これはチャンス!?と20:00前にまず、「見るラジ」をスタンバイ。これ、ラジオのスタジオ風景をライブカメラで配信してるんです。でも、音は聞こえない。
そこでダンナの携帯ラジオを拝借、聞いてみましたが・・・やっぱりムリか・・・。何も聞こえない・・・。
そんなこんなで気づいたら20:00をまわっていました。
あれ?スタジオに誰もいない・・・。あぁ・・・そうか・・・。今日は生放送じゃなくて収録なんだ・・・。

でもそこで、PCの前にいる必要はなくなった。
携帯ラジオを持ってベランダへ。
う~~ん、やっぱり雑音ばかり・・・
ところが!しばらくいろいろと場所を変えているときでした!
なにやら男のヒトの話し声が聞こえる!
そしてかすかに、
「久しぶりですもんね~、北海道」
「そうなんですよぉ。」


あぁ、間違いない!これは、北海道からの電波だ!!

その瞬間のなんともいえない感動・・・。
大げさかもしれませんが、ここ横浜で北海道からの電波をひろうことができるんだ・・・、と。

しかし、その後はまったく聞こえず、玄関側に回ってみました。
最初は同じような状態でしたが、途中から急に鮮明に聞こえました!

どうやら、年末のドラマの撮影ウラ話らしく、共演の大杉蓮さんからの携帯メールがおもしろい・・・という話をしているらしい。
「一人しぇ~とか言って、上半身裸でしぇ~をやってる写真がきたんですよ。」
「その次には家族写真を携帯のカメラで写して・・・そう、『蓮ファミリー』ですよ。そんなもん送られても・・・なんでしょうねぇ。ほんとに面白い」
・・・というようなお話。
大杉蓮、かなり好きな俳優なので・・・この話は楽しませていただきました・・・が。
残念ながら、電波が安定した頃にはお便りコーナーにうつってしまいました。

我が家の前には新幹線の線路があるので、そのときにはさすがに、よく聞こえません。
でも、その間も割りに安定した電波を受けていました。

ムスメが寝ていてくれたからこそ、玄関の外に出てラジオに耳を傾けるなんてことができたのですが・・・もう、チャンスはないだろうなぁ。(10月9日から放送時間が22:00になるそうなので、少しはチャンスあり!?)

でも、あきらめていた北海道からの電波。
遠い北海道のローカルタレント、たまにしか関東では見られない洋ちゃん。
その洋チャンがホームグラウンドでのびのびとお話をしている様子をちょっとでも聞くことができて、ほんのちょっとお近づきになれたようでうれしいのでありました。
[PR]
by akisa1106 | 2005-09-25 23:13 | 大泉洋 & NACS
大泉洋にハマっている今日この頃。 2005年 06月 17日
「大泉洋」をご存知だろうか。
北海道TVのローカル番組「水曜どうでしょう」の、驚異的な大ヒットで、今や全国区となった俳優である。(お笑いだと思っている人も多い)(笑)。
知らない方はもう、この先を読むのもつまらないと思うので、知っている方が読む事を前提に、彼についての説明は割愛させていただく。
知りたくなった方は、こちらの方のリンク集がすばらしいのでご参考ください。

b0012145_12541623.jpg私が「どうでしょう」を知ったのは、かれこれ2年半ほど前。たしかまだ、ムスメがお腹の中にいた頃。ダンナがどこからか情報を仕入れてきて、ネットでダウンロードした。すっかりハマって、セリフはすべて覚えるほどに繰り返し見た。
おかげで、私たち夫婦の会話は、ほとんど大泉さんと藤村Dの口調で交わされるようになった。

ある時、高校時代からの親友も、夫婦共に「どうでしょう」のファンであることを発見。そのときその親友が「大泉さん、いいよね~」と言ったとき、正直言って私はピンと来なかった。
私もダンナも、「どうでしょう」という番組が好きなのであって(それはもちろん出演者の面白さにあるのだが)、大泉さんのファンという感覚は全くなかったから。「ふ~ん、そういう見方もあるんだぁ」とちょっと、ミーハーな人を見るような、冷めた視線があったかもしれない。

・・・そんな私が、今や「大泉洋の子猫ちゃん」になりつつある。
う~~~ん、なんでだろう。
この「なぜだろう」という気持ち、多くの大泉さんファンに結構共通しているらしい。

特に二枚目でもないし、「どうでしょう」では思い切り醜態をさらすこともあるし、と多くのファンは言う。
そして、「TEAM NACS」で、彼の芝居を見てから、その真剣な表情と、「どうでしょう」の時の3枚目ぶりとのギャップにやられた、という意見がかなり多い。dice_travelerさんの「大泉洋の魅力について考える」に書いてある意見、まったく同じかも。歌声にやられた人もいる。

私の場合、映画「銀のエンゼル」のTV予告を見てからだったと思う。
ほんの一瞬の大泉さんのアップ、セリフも聞き取れないほど一瞬。その何気ない笑顔にどっきゅ~~~ん。ヤラレタ。
なんだろう。やっぱり「ギャップ」なのだ。「どうでしょう」の時とは全く違う、暖かさを持った笑顔。いや、それを演技でやることができる、ということへの感動?「あぁこの人、ただトークが面白いだけじゃなく、ホンモノの役者かも」とも思った。
その気持ちは、とうとう大泉さんが天下のCXドラマ「救命病棟24時」に出演して、確実なものとなった。

やはり、今でもダンナは「どうでしょう」が好きなのであって、「役者・大泉洋」にはそれほど興味がないと言う。しかもダンナはフィクションが嫌いなのだ。ドラマはほとんど見ない。私が救命病棟を見ていると、「つまんねぇドラマだなぁ」とチャンネルを変えてしまう(怒)。

それはさておき。

「救命病棟~」を見ている時の多くの大泉さんファンの気持ちは、「大泉さん、がんばれ~」という感じだったと思う。
彼にはなんというか、親近感がある。たぶん、「どうでしょう」時代からのファンが(北海道の人はもっと)、「洋ちゃん、立派になっちゃって」と、親戚の男の子を応援するような気持ちで見ていると思う。
それで思った。彼にハマるのは、「私はそんなに有名じゃない頃から知ってる」とか、「お笑いっぽいけど、役者として真剣な部分も見てる」などなど、親近感の上にちょっとだけ優越感を持ちたくなるような存在だからなのかも、ということ。

それで、昔ちょっとだけ好きだった男友達を思い出した。

・・・続きを読む・・・
[PR]
by akisa1106 | 2005-06-17 12:57 | 大泉洋 & NACS
Top


以前の記事
Profile
Name: Akisa(♀)
Birthday: NOV.6
Blood Type: O
Address: Yokohama
Family:
ダンナ(けんいちうぢ)
ムスメ(もちゅ)
2003年8月生

タグ
最新のトラックバック
日替ランチ155
from ★★★劇団★セブン★★★ C..
日替ランチ150
from ★★★劇団★セブン★★★ C..
日替ランチ150
from ★★★劇団★セブン★★★ C..
SHOW−YAが文化放送..
from 「寺田恵子のGYUWEEN!..
SHOW-YAライブ
from キンバクいけちのbeerti..
ライフログ
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧